穂積村ミュージアム/人物館
陶芸家・岡見周二さん
のページ


在宅時には展示室をご覧いただけます。
電話で連絡の上、お出かけください。
電話:0556-22-5843

「穂積村」にある岡見さんの展示室です。すぐ横に窯があります。」

窖窯(あながま)で、薪を燃やして制作しています。

窖窯は、効率が悪いんです。
燃料もたくさん必要だし、
狙い通りに焼き上がらないことも少なくありません。

釉薬は使いません。
灰が器にかかり、それが溶けて流れ、
さまざまな色・模様に変化することを計算して焼き上げます。




全部、釉薬なしです。色は、溶けた灰が化学変化してできた色です。
おもしろいでしょ。不思議でしょ。


。。
こんなギガギガも、色も、土と炎と灰の芸術です。
でも、計算はしてるんですよ。
いつもうまくいくとは限りませんが……。




。。実用的な器もつくってます。
インタビュー/2006年5月/文責:展(TEN)プランニング
ホーム メニュー 穂積村ミュージアム 「穂積村」へ移り住んだ人びと